忍者ブログ

Spare Blog

フリーゲームを公開しているSpare Blade(http://tomatoes.michikusa.jp/)のブログです。 思いついたこととか役に立ちそうなことを書いていきたいと思います。 ゲームの制作状況はTwitter(https://twitter.com/Spare_Blade)に書いていきます。
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Windows8.1だと一部のマップチップが表示されない不具合(?)

Windows8.1だと一部のマップチップが表示されない不具合(?)


(※画像のキャラチップはDotWorld様の素材です)

難しいことはよく分かりませんが、透明色を設定していないとエディターでは表示されないようです。
確かに壁など透明色を使っていないマップだけが表示されていません。



ということで、EDGEにて該当ファイルを開き、
名前をつけて保存→「背景色(パレット右クリック)を透過させる」にチェックを入れ保存
ウディタ側で更新することで解決しました。

PR

データベースで設定したピクチャを表示させる

調べても見つからなかったのでメモ。
基本的すぎて他では載せるまでもなかったのかもしれませんが…。


例えば、設定した敵グラフィックをピクチャとして表示させる。


イベントでデータベース操作を選ぶ。
呼び出したいピクチャのある位置を選ぶ。
今回は敵グラフィックなのでユーザDB→DBタイプ番号9→データ番号0→項目番号x。
文字列変数としてデータを代入する。


イベントコマンドのピクチャを選択。
表示タイプは[2]ファイル読み込み(文字列変数でファイル指定)。
あとは座標など必要な情報を入力すると表示されます。

ウィンドウなどを半透明にする

透明度の情報(αチャンネル)を与えた画像を作成する必要がある。
やり方は古いバージョンでのPictBear。
新しい(2.00以降?)バージョンでは自分の環境ではうまく出来なかったので。


半透明にしたい画像を開く(ここではウィンドウ画像)


表示から環境設定を選択。


画像フォーマットから、アルファチャンネルを有効にするをチェック


レイヤーをダブルクリック


不透明度を好みのものに設定

png形式で保存。
これで作成された画像をウディタ側で開くと、半透明のものになっているはず。

× CLOSE

カレンダー

09 2018/10 11
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

2015 / 02 / 06 ( Fri ) 22 : 16 : 52
2014 / 08 / 20 ( Wed ) 06 : 43 : 29

最新トラックバック

プロフィール

HN:
sep
HP:
性別:
非公開
職業:
趣味:
自己紹介:

QRコード

ブログ内検索

× CLOSE

Copyright © Spare Blog : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]